世界初!飲むED治療薬の歴史にせまる

世界地図のうえにWORLDのサイコロが並べられている
EDの治療といえばバイアグラというイメージが定着していますが、実はバイアグラは他の治療薬の治験中にたまたま効果が発見されたお薬なんです。
バイアグラが開発された当初は、初の飲むだけでEDが治療できる画期的な薬として世界に激震をもたらしました。
そんな夢の新薬バイアグラの歴史についてご紹介します。

バイアグラは高血圧の治療薬だった!?
バイアグラは、もともと高血圧の治療薬として開発されていたのを知っていましたか?。
1990年代にイギリスのファイザー社が、バイアグラの主成分であるシルデナフィルの研究をしていました。
幾度となく臨床実験を繰り返すも狭心症の治療薬として効果を得ることができず、臨床試験の中止が決定。
被験者から余ったシルデナフィル錠を回収しようとしたところ、なぜか多くの人達が返そうとしませんでした。
理由を聞くと、服用後に勃起を促進する作用があることが判明したのです。
この作用が思いもよらない発見となり、ED治療薬として再び研究されることになりました。
偶然見つかった副作用で、バイアグラが誕生したんです。

日本での販売開始は1999年
1998年にアメリカで、バイアグラの販売がはじまると爆発的なヒットを記録!
日本ではまだ承認が下りていなかったため、夢の新薬と大々的に報道されていたバイアグラを個人輸入で手に入れる人が増加していました。
しかしその後アメリカで狭心症の薬を服用している男性が、バイアグラを飲んで死亡してしまうという事故が数件起こります。
事故を未然に防ぐために、日本でも急ピッチで審査が進められました。
その結果、アメリカで販売された翌年の1999年には承認され販売が開始。
他の新薬だと10年以上かかることもある日本では異例のスピードと言えます。

バイアグラはEDで悩む男性からは希望の薬ですが、効果の発見は偶然の副産物だったんです。
今でも根強い人気と知名度を誇るバイアグラは飲み方次第で、危険な薬にも変ります。
安全のためにも正しい飲み方を心がましょう。