副作用が起こる理由を解説します

WHY?

カマグラゴールドは、服用すると9割の確率で副作用を感じます。
副作用は期待していない作用なので、できるだけ起こってほしくないものです。
「服用が苦になりそう」と感じる人もいるかもしれませんが、軽度な症状が多く数時間で収まるので安心してください。

主に言われる症状は、ほてり・頭痛・消化不良・動悸・めまい・鼻づまり・目の充血など。
カマグラゴールドの有効成分はシルデナフィルで、 血管を拡張して血の巡りをよくする作用によって副作用が起こってしまうのです。
中でも頭痛を感じる人がほとんどで、服用すると脳内の血管も拡張し周りにある神経が刺激されることで、痛みを生じます。

“ほてり”を感じる人は5割ほどですが、血流が促進されると身体が熱いという症状がでるのです。
効果が現れたサインでもあるので、ポジティブに捉えましょう。

【副作用がつらい場合の対策】
・頭痛
→ロキソニンやイブなどの鎮痛剤と併用してもOK
症状を緩和するだけなので、効果自体に影響はありません。
服用は、カマグラゴールドと同じタイミングで服用してください。

・胃の不調(消化不良)
→胃が荒れやすい人は、胃薬との併用をオススメします。
※ロキソニンを併用すると胃粘膜を荒らす可能性があるので、鎮痛剤と胃薬の両方を使用してください。

・お酒は控える
→アルコールはリラックス効果もありますが、併用は危険です。
カマグラゴールドの成分は、酔いをはやめてしまいます。
酔っぱらうとセックスどころではなくなってしまうため、服用しても勃起できない可能性も。
めまいや立ちくらみなどの副作用が起こるリスクもあるので、お酒は控えてください。

副作用と上手に向き合っていくことで、勃起効果を満足に感じられます。