あなたは大丈夫?ED治療薬を飲めない人がいる

黄色い背景にNGと書かれたプレートが置かれている
世界中にたくさんの愛用者がいるED治療薬。
基本的にED治療薬は、正しく服用すれば危険はありません。
安全に使用するために、注意しておきたいのが併用禁忌薬。
実際に日本でも、特定の薬との併用による死亡事故が起きています。
また、健康な人や女性が使うのもNG。
興味本位での使用は、副作用が強く出てしまう恐れも・・・。
安全のために、ED治療薬の注意点をご紹介します。

治療中の病気がある人は注意!
ED治療薬の併用禁忌薬として有名なのが、ニトログリセリン系のお薬。
狭心症や心筋梗塞などのお薬で、ED治療薬と同じ血管を拡張させ血流を良くする作用があります。
併用してしまうと、ダブルで効果が働いてしまいます。

またうつ病や高血圧の薬の中には、ED治療薬の効果を薄める作用があります。
服用している薬があるという男性は、注意してください。
安全のためにも、治療中の病気がある方や過去の病歴に心配があるという人は医師に相談しましょう。

EDじゃない人が飲んだらどうなる?
ED治療薬は血液の循環を良くするお薬ですので、基本的には害はありません。
しかしEDではない人の服用は、効果の実感が薄く副作用だけが強く出てしまいリスクだけが残る場合も・・・。
また妊婦が飲んでしまうと、胎児に悪影響を与える可能性があります。
性行為が心臓へ負担をかけてしまうため、高齢者の使用もおすすめできません。

どんな薬にも副作用や禁忌薬などリスクはつきもの。
安全に薬本来の効果を得るためには、正しい使い方がとても重要なんです。
外国では健康な男性が、ED治療薬の過剰摂取で死亡した例もあります。
不要な服用は避け、用法用量を守りましょう。